2017/05/23 18:35

【上品から、中品へ】

常に飲むお茶に対し、「身体を高め変化を促すお茶」を、少しずつ出していきます。暫く迷いました。なぜなら、普段飲みではなく、目的があり飲むお茶だからです。一般的に、「お茶はずーと飲んでいて大丈夫だ。」...

2017/05/09 09:00

元気が出る為の2つの判断。

なんとなく調子が、出ない。もやもやしたり、どこが悪いってわけではないのだけれど、とにかく調子が良いと思えない。そんな悩みを伺うことがあります。「天候」でもなく「栄養」でもなく「運動不足?」などと考...

2017/04/25 08:52

冷えの方が、午前飲むと良いのは?

日々、栄養相談を受けていると「冷え」の方の多いこと、多いこと。、、、、^_^;コーヒー、紅茶、緑茶、生酵素、野菜ジュース、果物ジュース、牛乳、豆乳、発酵ジュース。※↑冷えの方は、余計に冷えます。上記は、...

2017/04/18 08:44

身体の水のいれかえは、元氣の基本!

☆腎臓は美の臓器!「むくんでしまって。」「ご飯を食べると、胃が重くて。」「汗がとまらないのに、手足冷たい、、、。」この時期この相談に来る人が、まだまだいます。(泣)これらは、身体の津液(血以外の細胞...

2017/04/11 09:03

【商品値段変更予定 五月より】

【商品値段変更】季節が、変わりまして“葉の調整“が変わります。ゆえに五月より、値段の変更を致します。水冬、土雨、千里美木、は値が上がります。木春、火夏は値が下がり、金秋はそのままです。五月一日には変...

2017/04/11 08:51

目についてのお茶

ショップにおかせて頂いている、目の“健康維持のため“のお茶、ご案内。身体が冷たく、寒がりで目が気になる人へお薦めなのが、「千里美木(せんりびもく)」ほっとして落ち着きます。食べすぎや、暑がりの人へお...

2017/04/11 08:42

目について

目の不調は、春と秋に出ることが多い。春に出る理由は、春という季節は、肝臓との関係が深い。肝臓の説明の際、“解毒“を一般的に話すことが多い。だから、お酒のアルコールに対する解毒も、良く聞く話です。目の...

2017/03/22 19:52

【千里美木へのお声】

【千里美木へのお声】これは、我が友人であり、☯陰陽を共に励む、シェフからの話。彼は、花粉症であり、昼は仕事をしている最中でも当然マスクは離せない日常だった。確かに、昨年まで鼻の周りを赤くし、薬を服用...

2017/03/10 08:00

基本のお茶 一覧(*^^*)

私がよく用いる薬草について、書かせて頂きます。【木春(もくしゅん)のお茶】消化を助け、肝臓を癒やし、春の優しさを持つ。氣を高めたい方に、お薦めのお茶です♫属性:“仁“(じん)【火夏(かげ)のお茶】腸内...

2017/02/24 08:31

茶の捉え方。活用【種類と飲み方】

【種類と飲み方】お茶が古来、“薬“とされて来ましたが、薬草茶であってもその特性には温め整える(陽性)の力と、冷やし整える(陰性)の力があります。良いとされるものであっても、この特性を間違えて取り入れ...

2017/02/24 08:29

茶の捉え方。活用【目的】

【目的】お茶の出てくるところ、場面(シーン)を想像しますと、“忙しい人がほっと一息つく所の場面。“慌ただしく(ちょっと俗っぽい例ですが、刑事ドラマの刑事が、聞き込みに飛び出す前にズズッとすすったり)...

2017/02/24 08:27

茶の捉え方。活用【理念】

【理念】茶の味は、基本として“苦味“を持っています。なので、はたらきとして『心臓・小腸』を助けてくれるものです。日本人には、苦味の食が少なく、過去、心臓が強くはない。と伝えられている文献があります。...

2017/02/12 01:09

【水冬のお茶】につきまして(*˘︶˘*).。.:*♡

本日は、☆五行(ごぎょう)の話をさせて頂きます。私の調合する薬草茶には、☯陰陽の作法を用いながら、どの臓器に働きかけようか。という事を努めて大切にしております。私は医者ではない故に、臓器と精神のつな...

2017/02/08 09:01

心が、溺れるならば、、、

本日は陰陽より、一節を申します。『才は猶お剣のごとし。善く之を用うれば、則ち以て身を衛るに足り、善く之を用いざれば、則ち以て身を殺すに足る。(さいは、なお、つるぎのごとし。よく、これをもちうれば、...